協定海外留学

協定海外留学とは、本学の学術交流協定大学(以下、協定大学という)に学生を派遣するプログラムによる留学です。
協定大学で学習し、美術・デザイン、文化、言語等の分野における相互理解を深めることを目的とし、短期プログラム(一部の大学のみ)と長期プログラムの2種類があります。

短期では、春期休業期間内に留学先の正規授業科目を延べ60~90時間履修します。
本学授業科目「国際留学プログラム」(2単位、芸術学部及び短期大学部の開設科目)または「海外芸術プログラム」(2単位、大学院博士前期課程の開設科目)の単位修得を申請できます。

長期では、留学先の正規授業科目を1セメスター(1学期)または1年間履修します。留学先で修得した単位を本学の卒業(修了)要件単位として認定することができます。
また、留学期間の本学での学籍は「留学」となり、本学の在学期間に算入されます。留学年次によっては、卒業(修了)要件単位を充足した場合、所定の修業年限で卒業(修了)することが可能です。

協定海外留学生になるためには、出願資格を満たし、一次選考(書類審査、外国語審査、面接)に合格しなければなりません。その後、指定された出願書類を志望協定大学へ提出して審査を受け、入学許可を得て、最終的に留学が確定します。

出願資格について

長期プログラム

  1. 大学院博士前期課程 / 博士後期課程| 当該課程に1学期以上在学し、留学期間の前までに原則として4単位以上を修得していること。ただし本学芸術学部を卒業した者については当該課程での在学期間を問わないものとする。

    芸術学部|当該課程に1学期以上在学し、留学期間の前までに原則として31単位以上を修得していること。

    短期大学部| 当該課程に1学期以上在学し、留学期間の前までに原則として31単位以上を修得していること。
    ※短期大学部生の場合、所定の修業年限内での長期プログラムでの留学・卒業はできません。
     
  2. 身体的・精神的に健康な状態であること。
  3. 保証人の同意が得られること。
  4. 志望協定大学の募集条件を満たすこと。
  5. 留学後、本学にて学業を継続し学位を取得する意思があること。

短期プログラム|全学年共通

  1. 身体的・精神的に健康な状態であること。
  2. 保証人の同意が得られること。
  3. 志望協定大学の募集条件を満たすこと。

募集日程

 

前期募集

短期プログラム(一部の大学のみ)

長期プログラム
留学期間

2023年1~3月から4~9週間

2023年1~3月から1セメスターまたは1年
留学国

中国、台湾、韓国、インドネシア、タイ、イギリス、フィンランド、オーストリア、ドイツ、イタリア、フランス、チェコ

※協定校によっては長期プログラムのみの募集になります。

募集説明会
(海外留学ガイダンス)

2022年4月20日(水)16:40~

※オンラインでの実施を予定しております。

出願期間

2022年4月21日(金)~ 5月31日(火)

※出願には外国語能力を示す証明書の提出が必要です。5月に学内で実施するTOEFL 模擬試験のスコアを利用する方は、4月25 日(月)までに受験申込書を提出して下さい。

一次選考 〜学内〜
(書類審査、外国語審査、面接)

2022年6月上旬~下旬

一次選考発表

2022年7月中旬

志望協定大学への
出願書類提出

2022年9月下旬

二次選考
(志望協定大学)

2022年10月~11月

派遣確定

2022年11月~12月

 

後期募集

長期プログラム

留学期間

2023年8~9月から1セメスターまたは1 年

留学国

中国、台湾、韓国、インドネシア、タイ、イギリス、フィンランド、オーストリア、ドイツ、イタリア、フランス、チェコ、カナダ

募集説明会
(海外留学ガイダンス)

2022年10月5日(水)16:40~

※オンラインでの実施を予定しております。

出願期間

2022年10月6日(木)~ 12月16日(金)

※出願には外国語能力を示す証明書の提出が必要です。12月に学内で実施するTOEFL模擬試験のスコアを利用する方は、11月7日(月)までに受験申込書を提出して下さい。

一次選考 〜学内〜
(書類審査、外国語審査、面接)

2022年12月下旬~2023年1月上旬

一次選考発表

2023年2月中旬

志望協定大学への
出願書類提出

2023年4月上旬

二次選考
(志望協定大学)

2023年5月~7月

派遣確定

2023 年7月~8月

・留学期間は協定大学との協議により本学が定めます。上記日程の正確な時期は必ず国際センターで確認して下さい。

・卒業・修了年次の前期および後期の留学は研究室の許可が必要です。

・アメリカの協定大学(スクール・オブ・ヴィジュアル・アーツ)、オーストラリアの協定大学(グリフィス大学クイーンズランド・カレッジ・オブ・アート)、中国の協定大学(上海交通大学)とは協定海外留学は実施していません。

・協定大学の都合や世界情勢の変動により、予告なく募集しないことがあります。

協定留学の流れ

1

募集説明会に参加

2

出 願

3

一次選考(学内)

4

一次選考発表

5

志望協定大学へ出願書類を提出 / 二次選考(志望協定大学)

6

志望協定大学から入学許可
※受入れコース・領域の都合により、入学許可が下りない場合もある

7

派遣決定(所属研究室と協議し、単位認定可能科目を指定)
※長期プログラムのみ

8

入国査証(ビザ)申請・寮の申し込み
※留学先により手続きは異なる

9

留学前オリエンテーション

10

日本出国・留学開始

11

留学終了・日本帰国

12

大学へ留学終了手続き/レポートの提出/留学報告会の参加/単位認定の申請・審査・確定

13

留学後の継続履修開始
※該当する授業科目がある場合

14

継続履修終了・単位修得

注意:全プログラム共通

留学期間中は本学追試・追レポートの受験や課題再提出等は一切できません。普段から履修管理に努め、本学授業科目の履修に影響が出ないように十分注意して下さい。

出願書類

  1. 出願フォームの登録
  2. 海外留学志願者に関する指導教員推薦書兼所見(本学所定書式)
  3. 海外留学志理由書(本学所定書式 1200 字程度)
  4. 誓約書(本学所定書式)
  5. 成績証明書(国際センターが用意します。学生は提出不要です。)
  6. 外国語能力を示す証明書 ※詳細は募集要項をご覧下さい。
  7. ポートフォリオ(書類選考通過者には面接時に提出いただきます。)
  8. <外国人留学生の方のみ>日本語能力試験 N1 の合格証明書

重要なお知らせ

卒業(修了)延期の可能性があることを十分に認識して、納得して、応募して下さい。制度上、所定の修業年限で卒業(修了)することが可能ですが、すべての人が4 年(または2年)で卒業(修了)できるわけではありません。なぜなら、留学前の単位修得済科目、留学年次、留学後の単位認定科目及び本学で単位修得すべき科目は人それぞれ異なるからです。

女子美海外留学奨学金制度について

本学では下表のとおり給付奨学金制度を設け、協定海外留学生がより快適な留学生活を送れるように支援しています。奨学金は返還する必要はありません。
派遣が決定した方に国際センターから応募方法をご案内します。

女子美海外留学奨学金

募集対象

大学院・大学(芸術学部)・短期大学部

募集人員

若干名

給付金額

長期プログラム
甲地区 200,000円 / 乙地区 140,000円

短期プログラム
甲地区 50,000円 / 乙地区 35,000円

甲地区:北米・欧州  |  乙地区:甲地区以外

応募条件

協定海外留学生・認定海外留学生として留学する者

選  考

応募者の中から大学が受奨者を選考します